誰でももらえる、マイナポイントで最大5,000円還元

あなたはもう、マイナンバーカードを持っていますか?
オンラインでの確定申告や身分証明書として使えるこのマイナンバーカードですが、実のところ普及率は伸び悩んでいます。
なんとなくめんどくさい、個人情報が漏れそうで怖い。など理由があると思います。

最近では国民一人10万円もらえる、特別定額給付金でオンライン申請するのに必要になりました。
この給付金のオンライン申請の受付は、郵送や窓口での申請よりも早くからはじまったので、早く給付金を申請したい国民が一斉に役所に押し寄せました。
役所が混んで密になってしまうと話題になりました。
結局、給付金を申請する前に、マイナンバーカード発行のほうが時間がかかると分かったので、混雑は一過性のものでおわったようです。

おそらく、今後もこのような何かしらのメリットがなければなかなか普及は進まないのかもしれません。

そんな中、2020年7月からマイナンバーカードに関する大きなキャンペーンが始まります。
タイトルのとおり、最大5000円を還元しますというものです。

 

マイナポイント事業とは

マイナンバーカードに紐づくマイナポイントを利用して、消費者に実質的には買い物券みたいなものを支給するものです。

これは消費税が10%に上がったときに売り出されたプレミアム商品券と似ていますね。

今回はその電子版とでもいいますか、キャッシュレス決済を絡めるのでちょっとわかりにくい仕組みになっています。

この事業は、消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、キャッシュレス決済の基盤構築を目的としています。

 

楽天カード、ペイペイ、WAON、などのキャッシュレス決済の利用額に応じて25%(最大20,000円利用で5,000円)が付与されます。

 

登録の方法

ポイント獲得までには以下のような流れになっています。(ここではスマートフォンを使った流れを説明していきます。対応スマートフォン一覧

  1. マイナンバーカード取得
  2. マイナポイント予約(マイキーID取得)
  3. キャッシュレス決済を選択(7月1日~)
  4. キャッシュレス決済で買い物かチャージ(9月~3月)

一つずつ見ていきましょう。

 

マイナンバーカード取得

以前に送られてきている、交付申請書を用意し、(失くしてしまった場合は市区町村の役所で再発行できます)こちらのサイトから、申請書ID、メールアドレス、顔写真などを登録します。

申請後1ヶ月ほどで通知が来ますので、本人が役所へ取りに行きます。

また、このとき「利用者証明用電子証明書」の暗証番号(数字4ケタ)を設定しますので、忘れないようにメモしましょう。

ややこしいですが「署名用電子証明書」の暗証番号(英数字6~16ケタ)というのもあります。これらはそれぞれ別ものですので間違えないように注意しましょう。

 

マイキーID取得

「マイナポイント」というアプリをスマートフォンにダウンロードします。

アプリの中でマイナンバーカードをスマートフォンからスキャンします。

その際、「利用者証明用電子証明書」の暗証番号(数字4ケタ)が必要です。

マイキーIDが発行されるのでメモしておきましょう。

 

 

キャッシュレス決済を選択(7月1日~)

コチラの表の中から一つ、決済を選択します。

なお注意点として、一つの決済にはひとつしかマイキーIDを登録できません。

今回のマイナポイントはタイトル通り誰でももらえます。小さいお子さんや、スマートフォンを使っていないお年寄りももらえますが、家族全員分を一つの決済にまとめることはできません。

 

例えば家族4人分をお母さんのスマートフォンに登録して、
paypayで80,000円利用⇒20,000円分ポイントゲット!
というふうには使えません。

一人ひとり別べつの決済登録が必要です。

 

 

 

キャッシュレス決済で買い物かチャージ(9月~3月)

9月になったら選択したキャッシュレス決済で買い物かチャージをすることで、利用額の25%(最大5,000円)が還元されます。

ここで少しわかりにくいのは、還元されるのは「国からのマイナポイント」というポイントではなく、ご自身で選択したキャッシュレス決済のポイントです。

例:WAONであればWAONポイントなど

ですので、ポイント還元付与の時期や、ポイントの有効期限はそれぞれの決済サービスごとに設定されますのでご注意ください。

 

 

誰でももらえるマイナポイントで最大5,000円還元!まとめ

マイナンバーカードを使ったポイント還元についてご紹介しました。

これはコロナウイルスが来る前に決まっていたサービスなのですが、奇しくもコロナウイルスを原因に配られることになった定額給付金10万円で、ある程度マイナンバーカードについて話題になってからその時期を迎えることになります。

10万円と比べると金額は小さく感じるかもしれませんが、全員がもらえるものです。

例によって、ポイント還元の直前になるとマイナンバーの申請や、役所が混み合うことも考えられますので、申請しようと思う方は早く動くことをおすすめします。

また、例によってわかりにくい制度になっていますので、それまでに情報を集めておくと安心ですね。