補助金オンライン申請のために、GビズIDアカウントを作って!

今年も補助金の季節になりました。

今年の補助金で大きく変わったことは、オンライン申請のシステムが始まったことです。

その名も、「Jグランツ(じぇいぐらんつ)」です。

2019年の年末に導入されたばかりのこのシステムについて、どんなものなのかわかりやすく説明していきたいと思います。

 

Jグランツとは

Jグランツとは、補助金の手続きができる電子申請システムです。

経済産業省が2019年12月23日に運用を開始しました。

これまでの紙による補助金の大変な手続きを、もっと便利にするために、応募から事業完了後までの流れをオンラインで完結できるようにしたシステムです。

登録すれば無料で使うことができます。というか、お金を取るわけ無いですよね。

 

Jグランツで何ができるの?(メリット)

今までのいわばアナログだったものがデジタルに切り替わることで何ができるようになるのでしょうか。

 

24時間365日、いつでもどこでも申請できる

役所に申請に行く必要がないので、平日昼間に限定されず、いつでも申請できます。また、ノートパソコンやスマートフォンからできるので、インターネットの環境があればどこからでも申請できます。

 

移動時間、交通費、郵送のコストを削減できる

提出するのに出向く時間や交通費、郵送する場合のコストがかかりません。

役所に行くのに、雨の日とか寒い日は嫌だなぁということもあると思いますが、それを考える必要がなくなります。

また、役所についてからの順番待ちの時間も必要なくなります。

 

 

過去に申請した情報の入力や押印が不要になる

契約の場面ではよくありますよね。住所や名前や電話番号を何度も何度も署名させられること。これがなくなることでも時間のムダが省けます。

後述する「GビズID」により、法人の情報や過去の申請情報が自動転記されるので、何度も同じことを書く必要がなくなります。

また、押印も不要になり、押印した書類だけ原本を郵送という手間も省けます。

 

 

申請状況や処理状況が把握できる

Jグランツ上にマイページがあり、リアルタイムに申請状況などが確認できます。

 

対象の補助金はコチラ→Jグランツ利用対象補助金

 

新型コロナウイルスに関して

 

2020.04.09追記
4月7日に閣議決定された「持続化給付金(仮称)」は、事務負担を考慮して電子申請を原則とするとされていますので、Jグランツが使われる可能性があります。

給付金の申請をお考えの方は、↓の「GビズID」を今すぐに申し込んでおくのをオススメします。

もし今回使わなかったとしても、この先を考えれば無駄にはならないと思います。

 

ログインするには「GビズID」が必要

上記のように、Jグランツにはメリットが有るのですが、デメリットもあります。

しかし、Jグランツからしか申請できない補助金があるため、今後それに応募するのにはメリットが有ろうが無かろうがどうしてもこのシステムを利用せざるを得ません。

そして、その前にもう一枚壁が立ちはだかります。

ログインするには別系統の登録をしてGビズIDを手に入れる必要があるのです。しかもそれは郵送で時間がかかります。

 

gBizID(ジービズアイディー)とは

GビズIDとは、事業者が 1つのアカウントにより複数の行政サービスにアクセスできる認証システムです。

ちなみに表記方法は「gBizID」と「GビズID」の場合があります。小文字と大文字や、カタカナが混ざったりでちょっとわかりずらいですが、読み方は統一してジービズアイディーでいいと思います。

 

取得方法

  1. GビズIDのホームページへアクセス!
    https://gbiz-id.go.jp/top/
  2. 「gBizIDプライム作成」のボタンを押す。
    (プライム以外ではダメです。プライムにしてください!)
  3. 会社名や連絡先などの情報を入力して「申請書作成」を押す
  4. プリントして押印する。(法人は代表者印、個人事業主は個人の実印)
  5. 押印した印鑑の印鑑証明を入手する(3ヶ月以内のもの)
  6. 申請書と印鑑証明を事務局へ郵送する
  7. 2週間前後で登録のメールが届く
  8. メールに記載されたアドレスをクリックすると登録したスマートフォンなどのショートメールに「ワンタイムパスワード」が届くのでそれを入力しログイン
  9. 登録完了!

詳しくはコチラをご覧ください
→https://gbiz-id.go.jp/top/manual/pdf/QuickManual_Prime.pdf

 

 

費用

無料です。

ただし、公式のQ&Aに、以下の記述がありますので、もしかすると将来的には有料になることもあるかもしれません。

Q. GビズIDの利用に料金は発生しますか?

A. GビズIDの利用に料金は発生しません。ただし、将来にわたって、無料であることをお約束するものではありません。

 

 

まとめ

2020年のオンライン申請対象の補助金の申請には、Jグランツという電子申請システムを利用します。

Jグランツにはオンライン特有のメリットが多くあるので、補助金にご興味がある方は登録しておいたほうが良いです。

Jグランツを利用するにはまず、GビズIDを登録する必要があります。

GビズID登録の手続きは郵送で行う上、登録審査があり2週間程度かかります。

事務局が混み合うことも予想されますので、今年のものづくり補助金などをお考えの方は今すぐご登録ください。